FC2ブログ
キャンプにいくならやっぱりキャンピングカー!キャンピングカーのアクセサリーや中古車情報などもオークションでも要チェックですね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンピングカーで北海道一周の旅♪
キャンピングカーのイメージは、キャンプや釣り、BBQなどアウトドアのイメージが強いですよね。
キャンプ以外にもちょっとした行事やデート、買い物など色んな事に使えます。キャンピングカーは、普通車と違い便利で楽しい使い道がたくさんあり、夢をかなえる車っていう感じがします。夫婦二人でキャンピングカーを使い、あてのない旅行も最高ですね。デートやパーティーに使ったり、移動オフィスや取材に使用したりと工夫次第でいろいろ使えます。
私が一番体験してみたいのは、キャンピングカーで北海道一周の旅をすることです。国立公園やスキー場などはバスや公共の乗り物で行くことができますが、秘湯といわれる温泉や山奥、人があまり行かないような場所は自分で行くしかありません。時間を有効に使い、旅に豪華さや便利さを求めないのならキャンピングカーでの旅は最高に楽しいと思います。
旅の最中でも、釣りに行く人、自然の中で読書にふける人、
自分と子供は釣り三昧な家族サービスとなどさまざまな楽しみ方ができるし、他人に振り回されることはまずありません。
普通のキャンプのようにテントをはる必要もないし、雨など天候に左右されることもありません。寝る場所が確保されていて、家と同じ感覚の
設備を持ち込めるキャンピングカーなら安心です。北海道の大自然の中でも家と同じようにすごせる・・・そういう感覚のキャンピングカー。
一度、経験してみたい旅のカタチです。

スポンサーサイト
キャラバン、ハイエースなどをキャンピングカーに改造する
キャラバン、ハイエース、デリカなど普通に使っていた車をキャンピングカー改造する人が多いですね。
後部座席を取り外して、下にパネルを敷いて、棚をつけたり、ベッドにしたり色々な改造方法があります。ネットなどで改造の方法や過程を細かく写真入りで紹介してくれているので、そのままマネすることもできます。
キャンピングカーとして8ナンバー登録をするならベッドのほかにコンロとシンク、給水と排水のタンクが必須になるとか、色々な規制があってなかなか厳しいようです。8ナンバーにすると登録費用がかかる上に自動車税が¥16000から¥29600になるそうで、車の中で料理をするつもりもなく コンロやタンクをつけるほどでも・・・という人は普通の8ナンバーで充分ですよね。
キャンピングカー仕様に改造して、家族揃ってスキーやBBQなどアウトドアの旅に出るって楽しそうですよね~。
ベッドになるスペースさえあって車中泊ができれば、食事やお風呂は温泉やカセットコンロを利用すればそれで充分ですものね!
改造するにあたってはネットなどでよく調べて、規制にかからないようにすることが大事ですね。

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。